GNSS観測とGLONASS

SSKです。
写真の測量機器は、アメリカの衛星のみ受信していたころはGPSと呼んでましたが、最近GNSSと呼ばれるようになり、受信できる衛星の種類も増え、今後の利活用の機会が増えると思われる測量機器です。

GLONASSの受信により、衛星数に左右されることなく、終日測量作業が出来るようになりました。

静止測量の作業風景(1時間から2時間)
e0290108_15404816.jpg

ネットワーク型RTK-GPSの作業風景(30秒程度)
e0290108_15411210.jpg


GLONASS(ロシア語: ГЛОНАСС - ГЛОбальная НАвигационная Спутниковая Система、ラテン文字転記: GLObal'naya NAvigatsionnaya Sputnikovaya Sistema、英語: Global Navigation Satellite System、グロナス)は、かつてのソビエト連邦が開発し、現在はロシア宇宙軍の手によってロシア政府のために運用されている衛星測位システムである。アメリカ合衆国によって運用されているグローバル・ポジショニング・システム(GPS)や、欧州連合(EU)によって計画されているガリレオなどに対応した、ロシアの衛星測位システムである。
[PR]

by daiwa-ts | 2013-12-07 15:50 | 現場関係  

<< あけましておめでとうございます。 導入 RC-S3 >>